ムダ毛自己処理 ムダ毛ケア

自己処理で1番多い方法カミソリと、シェーバー

カミソリとシェーバーは、使うグッツは違いますが、手法としては同じになります。肌上に出てきているムダ毛を、肌の表面フラットに切り落とす、と言った方が解りやすいかもです。脱毛というより、毛を切る、と言った感じでしょうか。自分で対応するのは難しいので脱毛サロンに言って行う方が便利です。肌表面で毛を切断させるので、柔らかい肌を押すと、少しジョリジョリ感を感じる事もあります。毛がちょっとでも育つと、見た目にも感触的にも目立ってきてしまいます。しかも、毛の途中を切っているような物なので、生えてくる毛の切断面は太く、まるで毛が濃くなってしまったように思えてしまいます。

毛抜きやテープ、ワックスなどの、ムダ毛を抜く方法

ムダ毛を抜く方法は、ムダ毛の根元から抜く事が出来るので、毛穴の中から毛が無くなります。毛が全く無くなるので、ジョリジョリ感は感じません。毛穴の奥から抜けるので、生えてくるまで多少時間がかかる所が、最大のメリットといえます。しかし、毛穴の中にあるすべての毛部分を引っ張り抜くので、痛みが高いです。毛の周りの皮膚や毛穴の根元部分が引っ張られるので、毛穴にダメージが大きく、ボツボツ肌になる可能性がとても高いです。根元から抜けても、毛穴の奥には毛乳頭があるので、その性質上ムダ毛はまた生え始めます。その為、いくら根元から抜いても、永久脱毛にはなりません。

毛を溶かして除毛する、除毛クリーム

除毛クリームは、肌から出ているムダ毛を溶かして無くす方法です。切断ではなく溶かすので、溶かした後の毛の切り口は丸みがあり、チクチク感はあまり感じません。除毛クリームには、抑毛作用もあるので、使い続けると毛が細くなったり毛が薄くなってくるという。利点があります。しかし、クリームがしっかりムダ毛に浸透しない場合は、全てのムダ毛を除毛する子が出来なく、残ってしまう事もあります。間違いなく、綺麗に完璧に全てを除毛出来るとは限らない所が、難点でもあります。

脱色剤は、毛を抜かないが毛を目立たせない

脱色剤は、ムダ毛の色素を無くし、肌に馴染む色にする事で、ムダ毛を目立たせない方法です。脱毛ではなく。ムダ毛を目立たせない方法となります。脱色すると、金色に近い色合いになり、その色が肌に馴染むので、見た目的に目立たなくなる、という事になります。ムダ毛はあるので、触れるとムダ毛感はあるので、近くで見られたり触れられとバレてしまいます。脱色した毛に光が映えると、キラキラ光ってしまうので、不自然さは発生してしまいます。しかし、ムダ毛が伸びてくると、非常に不自然なムダ毛のカラーになってしまいます。脱色剤は、成分が多少強いので、かぶれてしまう事もあり、注意が必要です。現在の全身脱毛 料金は以前に比べ安くなっているので、行きたいときにまず無料カウンセラーに聞いてみるのが良いでしょう。